<受付時間>

午前8時30分~11時15分

(診察は9時から)

午後15時30分~19時15分

(診察は16時から)

※11時30分~16時までは

手術・往診(予約制)

休診日:日曜・祝日

2020年4月休診日

2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2020年5月休診日

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

膿皮症

膿皮症のワンちゃんです。

 

膿皮症とは、皮膚の常在菌が異常に繁殖し、炎症を起こした状態のことを言います。

 

原因は様々です。膿皮症が単独で発症する事もしばしばありますし、基礎疾患にアレルギーやアトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症、脂漏症等が隠れている場合もあります。

 

写真のワンちゃんは、かなり前から皮膚の状態がおかしく、当院に受診される前に計3件の病院で治療を受けられたとの事で、かなりこじれた状態になっていました。

 

ご覧のとおり、背中全体に脱毛班が広がっています。あと、お腹側の皮膚にもたくさんの発疹がでていました。

 

 

治療開始1週間後です。

 

脱毛部位の赤みが減ってきました。治る過程で出てくるフケは想定内です。

 

毎日見ている飼い主さんには、よくなっているかどうかわからないぐらいの変化なので、根気よく内服を続けてもらうよう説明します。

治療開始17日後です。

 

毛が生えてきてるの、わかりますよね。

 

まだまだ根気よく内服続行です。

治療開始35日後です。

 

ほぼ治りました。

 

治療、検査等の内容に関しては面倒くさいので割愛しますが、それ程特殊なことはしていません。

 

こじれたものでも基本的な事を守れば治せる事が多い病気です(もちろんいつもうまく行くわけではないですが・・・)。