<受付時間>

午前8時30分~11時15分

(診察は9時から)

午後15時30分~19時15分

(診察は16時から)

※11時30分~16時までは

手術・往診(予約制)

休診日:日曜・祝日

2020年4月休診日

2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2020年5月休診日

2020年5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ニキビダニ(毛包虫)

ワンちゃんのニキビダニ(毛包虫)症の治療例です。

 

一ヶ月ほど前から他院にて数回治療をうけたそうなのですが、どんどん悪化するということで転院されました。

 

↑写真は初診時の状態で、顔面、腋の下を中心に脱毛や発疹が見られます。

 

一番右の写真はこのワンちゃんの皮膚から採取したものを顕微鏡で見たものなのですが、おびただしい数のニキビダニが見つかりました。

 

ここまでこじれていると治癒までに数ヶ月はかかります。おまけに治療開始後に必ずと言っていいほど今より悪化した状態になります・・・。

というわけで、治療し始めて三週間後、案の定なんだか悪化しているように見えます。脱毛は広がり、皮膚はボロボロしてくるし、痒みも増していました・・・。

 

が、大丈夫です。治る過程なんです。

 

飼主さんとワンちゃんにはちょっと我慢してもらい、治療継続です。

さらに一ヶ月後です。

 

急速に治ってきました。ここまでくるとやれやれです。ただし、治療はまだまだ継続です。ここで薬をやめれば100%再発します。

ちょっと飛んで半年後です。

 

なぜ「ちょっと飛んだ」かというと・・・SDカードに入っていたメモリーが何故か無くなってしまうという事件が起きまして・・・(泣)

 

この時点でほぼ完治です。皮膚を削って顕微鏡で見てみてもニキビダニは見つかりませんでした。

 

ただし、この後も再発には十分注意しなければなりません。もともとニキビダニがこれだけ増えてしまうワンちゃんは、ニキビダニに対する免疫力に何らかの問題があって発症すると言われています。ただ、今回はニキビダニの治療前にかなり強いステロイドの飲み薬が使われていました。ステロイドはニキビダニには禁忌とされています。強いステロイドの影響で免疫が低下してここまでこじれたのでは、と思われます。

 

再発しませんよーに(祈)。